FC2ブログ

記事一覧

タイガー 蒸気レスVE電気まほうびん PIS-A220を購入

これまで我が家ではお湯を使うのに電気ケトルを使っていましたが、
子供が生まれミルクを作るのにいちいち電気ケトルでお湯を沸かすのが面倒になってきました。
そこで今回はタイガーの蒸気レスVE電気まほうびん PIS-A220を購入してみました。

PIS-A220について


この機種にはいくつか特長があります。
詳細な説明は公式ホームページに任せるとして簡単に説明したいと思います。




蒸気が出ない


蒸気レス構造を採用しているため沸騰させても全く蒸気が出ません。
そのため蒸気で火傷することはないですし、設置場所も自由度が高いです。
象印の蒸気セーブは沸騰させませんが、タイガーの場合沸騰させるのでカルキ抜きも問題なく出来ます。

image1_20181003090357a9f.jpeg
蒸気が出ないのでこんなところにも設置できます


停電時でも給湯できる


この機種は昔ながらのポンプを押して給湯するエアー給湯機能が搭載されています。
もちろん普段は指ひとつで電動給湯が出来るので状況に応じて使い分けることが出来ます。
停電時や電源の無い場所でも使えるのがメリットですが、実際に使ってみたところ他にもメリットを感じました。
タイガーの大半の機種は給湯速度を調整できず、その点は象印に劣っている点だと思います。
しかしエアー給湯では押し具合でお湯の出る量を調整できるのでその弱点を補うことが出来ています。
実際哺乳瓶にお湯を注ぐ際、電動だと勢いが強すぎて調整が難しかったですが、
エアー給湯の場合押し具合で調整できるため微調整がしやすくてよかったです。

image2_20181003090358598.jpeg
タイガーの2湯流という名前の機能になります


省エネ性能が高い


従来の電気ポットはヒーターの保温に頼っているため電気代が高かったですが、
この機種はVE電気ポットとあるように従来の電気ポットとは構造が違い電気代を抑えることができます。
VEというのはVacuum(真空)+Electric(電気)の略称でポット自体の断熱はいわゆる魔法瓶の構造となっています。
そのためヒーターを使わなくてもそもそもの温度変化が少ないので保温に電気代がかからなくなります。
従来の電気ポットと比べると高価になりますが、数年で電気代と商品のコストが逆転するのでお得になります。

良い事ばかりに感じますが個人的には保温性能が高いが故のデメリットもあると感じました。
主にミルク用に使うため保温温度を80度に設定していますが、一度沸騰させると保温を切っても中々温度が落ちません。
沸騰後から5時間近く経たないと80度にならないのです。
それだけ保温性能が高いということですが低めの温度で使いたい場合少し不便だと思う点でした。


今回はタイガーにしましたが、もう少しこうだったらよかったのにという点がいくつかありました。

VE電気ポットのグレードは下から順番に、PIQ-A、PIP-A、PIS-Aとなるのだと思います。
それぞれ蒸気レス無し、蒸気レス有、蒸気レス有エアー給湯有となっていて機能のバランスは良いと思います。
問題はカラーバリエーションです。各機種で1色しかなく、順番にホワイト、レッド、ブラウンとなっています。
カラー展開を多くするのは大変ですが、ホワイトが欲しいけど機能が足りない・・・という事態や、
中間グレードでいいけどレッドは派手すぎる・・・というようなことになってしまうのです。

給湯について象印であれば給湯速度が調整できるのが基本となっていますが、タイガーでは一部機種に限られています。
特に先ほど挙げた3つのグレードにはいずれも給湯速度の調整機能は搭載されていません。
今回はエアー給湯機能があったので調整が出来ましたが、先ほどのカラーバリエーションの件もありどこかで妥協が必要になるかもしれません。


単純に電気ポットといっても機能面やデザイン面でさまざまな組み合わせがあるため選ぶのに時間が掛かってしまいました。
しかし時間を掛けた分それなりに満足のできる買い物が出来たのではないかなあと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aho

Author:Aho
車やPCに関する事を備忘録として残していきます。
リンクフリー。画像無断転載禁止。

ブログ内検索

個人ページ