FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

並行輸入SDカードの検証(購入編)

SDカードはかなり安くなりましたが、高速大容量となるとそこそこいい金額になります。
そこで少しでも安く買いたいと思うと、国内正規品ではなく並行輸入品が選択肢に入るのですが、
Amazonでレビューを見てみると偽物が届いたという報告が何件か存在しています。

今回は先日購入した4Kカメラ用として、SanDisk Extreme PRO SDXC UHS-Iカード 128GBを購入してみました。



国内正規品と比べると半額以下の値段になり価格のメリットはかなり大きいです。
もちろん保証が受けられなくなるなどのデメリットはありますが、今回の場合のデメリットは
購入する店を間違えると偽物を掴まされる可能性がるというところでしょうか。

詳細な説明は省きますが、Amazonでは1つの商品を複数の業者が販売しています。
その全てが良心的な業者であれば何も心配する必要がないのですが、中には悪意のある業者も存在しています。

確実にとはいえないですが、見極めるポイントをまとめます。

■レビューを鵜呑みにしてはいけない
一見評判のよさそうなショップに見えてもよく見るとレビューに違和感を感じることがあります。
例えば・・・
・日本語が怪しい
・極端にレビュー件数が多い(短期間に多い)
こういうので怪しいと思ったらそのショップは使わない方がいいでしょう。
しかし以前と比べるとサクラレビューもあからさまなのは減ってきたので難しいところです。

■出品者の情報を見る
怪しい商品は大体某国の方が出品しています。
全員が悪いことをしているわけではありませんが、残念ながら多いように感じます。
出品者の名前や出品場所を見て判断するのもひとつの手でしょう。

■実店舗があるショップから買う
最終的にはこれが一番本物を買える可能性が高いと思います。
実店舗といっても近年に出来たようなところではなく、例えば秋葉原で何十年も続いている、
というような実績のある店から買うのがいいでしょう。

単純に偽物が届いたという話であればいかにも購入者が被害者なのですが、
実際のところ買う相手をきちんと見極めておけばそういう被害を避けることは可能です。
安いからと何も考えずに買うのではなく、安いからこそ考えなければいけません。
結局のところその店を選んだのは自分なので・・・
とはいえ高ければ100%本物というわけでもないので、きちんと考えて買いましょう。


購入後に本物かどうか検証した話は別記事にまとめます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aho

Author:Aho
車やPCに関する事を備忘録として残していきます。
リンクフリー。画像無断転載禁止。

ブログ内検索

個人ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。