記事一覧

新型N-BOX(JF3)社外ナビ取付部品

image4.jpeg

ホンダN-BOX(JF3)へ純正インターナビではなく、社外ナビを取り付けるので買ったもののメモ。

■ナビ本体 AVIC-RZ701 (パイオニア)

AVIC-RZ901の下位モデルになるが違いは下記がないという点

・ブリリアントフィニッシュパネル(液晶パネル)
→比べなきゃ気がつかないのでセーフ
・ミュージックサーバー
→CD録音機能だけど予めSDカードに音楽を入れておけば不要な機能
・3年間のマップチャージ
→2020年までなので現時点で2年分しかメリットがない




■ナビ取付キット KJ-H67DE (パイオニア)

他社製でもっと安いものもあるが24Pからステアリングリモコン線をちゃんと引き出している点と、
リバース信号も3Pカプラを付属して取り出せるようになっている点から選択。
車両側の配線痛めても気にしない人は別に選ばなくてもいいかも。




■ステアリングリモコンケーブル  KJ-H102SC (ジャストフィット)

純正のステアリングスイッチを使うのに必要
20Pカプラが付属しているためハーネスの加工なしに通話関係のスイッチも使えるのが大きなメリット
通話関係のスイッチを使わなければKJ-H101SCでも十分

※別記事にて製品の詳細を解説しました




■純正バックカメラ接続アダプター KK-H301BA (パイオニア)

パイオニア製ナビと純正カメラは相性問題があるそうなので無難にパイオニア純正品(カナック企画製)に
この問題がなければデータシステムのRCA013Hで十分
しかしこれACC電源しか入れられないようだけどエンジンが掛かっているときは常時電源になってしまうのだろうか




■純正TVアンテナ変換コード EVC-6001PI (ENDY)

必須ではないがN-BOXはTVアンテナが2箇所純正で設置されているため流用目的に用意
あわよくばこの2本だけでナビの付属品は取り付けずに済ませたい
付属品4本を貼り付ければ別に買わなくても済むものだけど、万が一純正アンテナのせいで
取付位置が厳しくなると大変なのでその回避という意味でも一応




その他パワードサブウーファーを取り付けられるようにRCA分岐ケーブルも用意
今回パイオニアを選んだのはサブウーファーへのプリアウトがしやすいからというのが理由
パナソニックだと上位モデルじゃなければハイレベルインプットをする必要があるし、
ケンウッドはオプションのケーブルがやたらとごつくてスペースに不安がある
値段が落ち着いてきた型落ちのサイバーナビも検討したものの、
基本部分の評判が悪かったので楽ナビという無難なところに落ち着く

ちなみにデータ通信モジュールはとりあえず見送りでスマホ経由で使い、
便利そう、かつ色々とわずらわしくなってきた場合に取り付けることとする

購入段階のメモなので気力があれば届いたあと、取り付けた後にでも情報を追加したい(かも)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Aho

Author:Aho
車やPCに関する事を備忘録として残していきます。
リンクフリー。画像無断転載禁止。

ブログ内検索

個人ページ