アナログ   

PX-W3PEを購入

  • 2010/12/26(日) 21:41:02

パソコン工房からPX-W3PEを買ってきました。
PX1.jpg

PX2.jpg
中身はこんな感じです。本体とロープロ用のブラケットが入っているだけです。

PX3.jpg
カードリーダーが内蔵されています。

PX4.jpg
PT2と違い、カードで電波が分配されているので2つ接続するだけですみます。

PX5.jpg
B-CASカードを挿すと多少長くなりますが、最近のグラボの方が長いので問題ないでしょう(何が?)。


ここまでは見た目の説明でしたが、中身について説明します。
このチューナーはPT1・PT2と同じ、いわゆる抜けるチューナーです。
もちろん最初からTS抜きができるわけではありませんでしたが、B-CASカードが付属しないことからTS抜きができることを噂されていました。
現在はBondriverがアップされ、多少の問題がありながらもTS抜きのできるチューナーの仲間入りを果たしました。

簡単に導入方法をまとめると、
1.メーカーのHPからドライバをDLしてインストール。メディアセンター用ではないものです。
2.Bondriverを某アップローダーからDL。
3.TVTestを某アップローダーからDL。フォルダの中にBondriverを突っ込む。
4.TVTestを起動。

詳しいところは省きましたが、これで一応放送を受信できるはずです。詳しい使い方はウェブでどうぞ。

このチューナーの利点・欠点
利点
・PT2よりも、まだ入手が容易(これからの状況により変わるかも)
・カードリーダーが内蔵
・アンテナが2分配or1分波で済むので、配線がすっきり&安い

欠点
・まだまだ人柱状態
・受信が不安定
・内蔵カードリーダーだと、有料CSを視聴できない

欠点について書くと、人柱状態なのは言うまでもないです。
受信が不安定というのは、環境によるという意味です。
電波が弱すぎても、強すぎてもだめ。強すぎる人はあえて分波器を使わずに分配器を使うことをお勧めします。
内蔵カードリーダーについてですが、これはTVTestの問題だと思います。
外付けカードリーダーならば問題なく有料CSは視聴できます。
おそらく、TVTestが対応するか、メーカーのドライバによって内蔵カードリーダーが外付けとして認識されるようになって解決になるかと思います。

値段が18,800円とPT2より2,000円高いですが、
PCIEであること
ロープロで使えること
を考慮すると十分にその価値はあるかと思います。
また、内蔵カードリーダーでCSの契約ができるようになれば、カードリーダーの分のお金が浮き、こちらの方が結果的に安く導入できると思います。

PT2が手に入る環境ならばあえてこちらに挑戦する必要はないですが、PT2が手に入らなくても年末年始の番組をどうしても録画したいという方にはお勧めな品です。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する