アナログ   

ファンコン(オンオフのみ)

  • 2010/11/14(日) 21:46:43

PCのファンをオンオフさせるスイッチを作りました。

現在使っているPCにはファンが5個もついており非常に騒音が大きいです。
また、マザーボードの仕様でスタンバイにしてもファンが回ってしまうため(MBに接続しているファンも)電源をオフにしない限り爆音で動き続きます。

そこで、ファンを止めるスイッチを作ろうと考えました。
PIC等を使って回転速度を調整することも考えましたが、そこまでして動かす必要がなかったので今回は見送りました。

続きから製作の様子を・・・

sw1.jpg
まず材料をそろえます。
トグルスイッチは基板用のものしかなかったので基板用を使いました。
ファンとスイッチを接続するために電源の延長ケーブルや変換ケーブルを犠牲にします。


sw2.jpg
こんな感じで基板に配置してみました。
トグルスイッチの向きでも分かりますが、動作状況を一目で分かりやすくするためLEDも配置します。


sw3.jpg
抵抗も追加してはんだ付け。
LEDへの電源はスイッチからファンと並列に12Vを取っています。
今回使用したのは赤色LEDなのでVfが1.7Vで電流が10mA程度で考えると抵抗は1kΩが必要になります。
しかし、明るすぎても目障りなので5mAに落として2.2kΩの抵抗をつなぎました。
無駄に精度のいい抵抗を使っていますが、この値の在庫がこれしかなかったので・・・。


sw4.jpg
組み込む前に一度テストをします。
昔使っていた電源でテストを試みましたが、死んでいたのでメイン機を使うこととなってしまいました・・・。
予防措置で交換したんですが、交換しておいて正解でしたね。


sw5.jpg
3.5インチ用のカバーを利用して取り付け。裏から無理やりホットボンドで留めました。
見た目が悪いので一応暫定組み込みです。
地方の高速道路の暫定開通位の意味を持つ暫定なのでおそらくこのままになるでしょう。


sw6.jpg
あとはPCを起動して完成なのですが、PCが起動しません。
かなりあせりましたが、原因は写真にあるようにMBへの電源を差し込んでいなかったからです。
そういえば、取り回しのために外してたんですね。


sw7.jpg
動きました!が既にLEDが1個死亡。
事前にブレッドボードで動作を確認したので、半田不良でしょう。



動作させた動画。


これでPCがかなり静かになりました。
これからは冬で寒くなるので、普段はファンをオフにします。
ゲームやエンコードをするときだけオンにすればOKという感じです。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する